皮までおいしく食べられる、なすびのバター醤油ステーキ

なすびのステーキ

なすびをただ蒸し焼きにするだけの、なすびステーキ。

ぱぱっとできる簡単なお料理だからってなめてかかってたんですが、これがめっちゃおいしかった。

とろっとろのなすびと、バター醤油の香り。

なすび1本ぺろっと食べれちゃいますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なすびのステーキ

こちらもお客さんに教えていただいたレシピ。

簡単にできるので、細かい調味料の分量とか一切なしです。アバウトです。

材料

なすびのステーキ

(3人分)

なすび・・・3本
バター・・・適量
しょうゆ・・・適量
ねぎまたは大葉(お好みで)

今回は3本入りで販売している大阪なすを使用しました。

作り方

⒈なすびをタテ半分に切る

なすびのヘタ部分を切り落とし、タテ半分に切ります。

なすびのステーキ

⒉皮に切りこみを入れる

半分に切ったなすびの皮の部分に、格子状に切り込みをいれていきます。

なすびのステーキ

こんな感じで切り込みをいれたらOK。

⒊フライパンにバターを溶かす

油はひかず、バターで焼いていきます。

なすびのステーキ

この量も適当で。

足りなければあとから全然足せるので、アバウトで大丈夫です。

⒋なすびを蒸し焼きに

バターがとけたら、切り込みをいれた皮のほうから焼いていきます。

なすびのステーキ

フライパンぎりぎりだった。

ならべたらフタをして、焼き色がつくくらいまで蒸し焼きにします。

火は中火くらい。

なすびのステーキ

どんくらい焼けたかわからん!という方は、ときたまフタをあけて様子をみてみてください。

トロトロになったほうがおいしいので、じっくりじっくり。

これくらい焼けたらひっくり返します。

ああー、いいにおい。

なすびのステーキ

あきらかに真ん中と端で火の通りが違いますが、蒸し焼きだからだいじょうぶ。

ここでバターを加えました。

最初にたっぷり溶かした方は、加えなくてもいいかも。お好みで。

そしてさらに蒸し焼き。

⒌醤油をまわし入れる

なすびに火がとおっていい感じになったら、お醤油をじゃっとまわしかけます。

⒍完成

お皿に盛り付けて、お好みでねぎやら大葉やらをのせたらかんせーい!

なすびのステーキ

食べてみた感想

はいはいもうトロトロで大変美味です。

バター醤油最強。バターと醤油あったらいいですから。

蒸し焼きのフタあけたあたりから、いいにおいがね、してきますよ。

あまったらおじいちゃんにあげようと思ってたけど、みんなきれいに完食でした。

これはまたリピートして作ろう。

まとめ

簡単なくせにおいしい。

蒸し焼きにしている間は手があくので、他のお料理もつくれます。

皮をむく必要もないし、ゴミもヘタ部分だけ。

なにより、かぶりついたときのトロトロ感がよいです。

ぜひガブッととかぶりついて食べてほしい。

チーズのっけて焼いたりしてもいいんじゃないでしょうか。

いやでも、やっぱりシンプルな方がなすびを味わえますね。

なすびとバターと醤油があればすぐにつくれるので、ぜひぜひ試してみてください。

以上、「皮までおいしく食べられる、なすびのバター醤油ステーキ」でした。

和風にしても美味です↓

にんにく香る!長なすの和風醤油ステーキ
前回のなすびのバター醤油ステーキがめちゃくちゃおいしかったので、今回もまたなすステーキ。 前とはすこしかえて、和風の醤油ステー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
皮までおいしく食べられる、なすびのバター醤油ステーキ
この記事をお届けした
やさい くだもの すきなものの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク