あつあつジューシー、まるごとトマトとチーズのホイル焼き

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

トマトをまるごと使ったレシピ。

トマトの中身をくりぬいて、そこに具材をつめこんで焼く。

少し手間はかかりますが、トマトがとってもジューシーになります。

中身をアレンジすればいろんな味を楽しめる、見た目もかわいらしい一品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

材料

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

トマト・・・4個
チーズ・・・適量
ブロックベーコン・・・適量
にんにくみじんぎり・・・少し
ブラックペッパー・・・適量
オリーブオイル・・・適量

今回は、4個入りで250円のトマトを使用しました。

サイズ感がちょうどいい。

どちらのトマトかわからない方は、お店のスタッフにお聞きください。

作り方

⒈トマトの上を切る

中に具をつめるため、トマトの上の部分を少し切ります。

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

あんまり切るともったいないから、すこーしだけ。

⒉残ったヘタの芯をとり、中身をくりぬく

うすく切ると、どうしてもヘタの固い部分がのこってしまいます。

なので、先にそこをスプーンかなにかでくるっととっておいて、それから中身をくりぬいてください。(くりぬいたトマトはあとで使います)

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

皮ギリギリにくりぬくと焼いたときに形がくずれるので、このくらいの厚みを残して。

下も同様で、ほりすぎないように。

⒊ブロックベーコン、にんにくのみじんぎり、トマトをつめる

トマトの水気をしっかりきったら、具材(ベーコン、にんにく、くりぬいたトマト)をいれていきます。

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

にんにくはこんなに切ってますが、ほとんど使いませんでした。(ほかのお料理にまわした)

にんにくが大好きな方はたっぷり入れるといいとおもいます。

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

この上からチーズを入れるので、少し余裕をもたせておいてください。

⒋チーズをのせ、ブラックペッパー、オリーブオイルをかける

3のトマトの上に、チーズをのせ、ブラックペッパーをふりかけます。

さらにその上から、少しだけオリーブオイルをかけてください。

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

この時点ですでにおいしそう。

⒌アルミホイルを巻いて焼く

トマトをくるっとアルミホイルで包んで、蒸し焼きにしていきます。

DSC_3113

わたしはオーブントースターでだいたい25分くらい焼きました。

これはトマトの大きさ、ワット数にもよりますので、15分くらい焼いたら一度取り出して様子をみてみてください。

⒍完成

トースターからとりだして、アルミホイルのままお皿にのせたら完成。

まるごとトマトとチーズのホイル焼き

チーズがとろっととけて、いい感じです。

ほんとはもっとこんがりさせたかったんですが、もうお腹がぺこぺこだった。

食べてみた感想

スプーンを入れると、どばっとトマトの水分がでてきます。

なので、平べったいお皿よりも器のほうがいいかと。

ふつうのベーコンがなくてブロックベーコンを使ったんですが、それがよかったです。いい味でてました。

チーズとの相性も文句なし。

なにより、トマトがとってもジューシーです。

いつもは生でトマトスライスにして食べることが多いのですが、あったかいトマトもいいですね。

まとめ

実はこのまるごとトマトの料理、一回失敗してます。

おっきなトマトを使いすぎて、全然中に火が通らなかったんですね。

オーブンの加熱する部分にあたるし、仕方ないから電子レンジでチンしたら、もうトマトの原型を残していないものができあがりました。

今回こそは!と意気込んで、中の具材も変えてチャレンジしてみたのです。

トマトとベーコンとにんにくとチーズ、まさに王道の組み合わせだけあって、はずれなし。

たまねぎを入れたり、ツナを入れるという方もいるみたいです。

中身をいろいろ変えて、ロシアンルーレット的な感じにしても楽しそう。

ぜひいろいろ作ってみてください。

以上、「あつあつジューシー、まるごとトマトとチーズのホイル焼き」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あつあつジューシー、まるごとトマトとチーズのホイル焼き
この記事をお届けした
やさい くだもの すきなものの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク