水なすをフライにしたら、とろとろで非常においしかった

DSC_3239

またまた水なすレシピです。

生で食べれるほどやわらかい水なすを、なんと揚げちゃいます。

贅沢な調理法。

でもこれ、めっちゃおいしいんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大葉がきいてる、水なすのフライ

水なすって、やわらかいので揚げるとべちゃべちゃになるかも…と思いますよね。

でも、しっかりと衣をつけてあげれば大丈夫なんです。

材料

DSC_3231

水なす・・・2本
大葉・・・12枚
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
パン粉・・・適量

作り方

⒈水なすを洗い、ヘタを切る

DSC_3225

⒉水なすを6等分に切る

DSC_3233

⒊大葉を巻き、衣をつける

DSC_3234

ここの作業が若干手間です。

大葉を水なすに巻いて、小麦粉、卵、パン粉の順につけていきます。

ただ、小麦粉の段階では大葉はまだひっついてくれません。

卵をつけるとぴたっとひっつくので、ご心配なく。

⒋揚げる

DSC_3238

あとは油で揚げていくだけ。

わたしはフライパンに1cmほどの油をいれて揚げました。

少ない油でも問題なく揚がります。

水なすは生で食べられるくらいやわらかいので、衣に焼き色がつくくらいさっと揚げで大丈夫。

⒌完成

DSC_3239

お皿に盛り付ければ、完成。

食べてみた感想

シンプルにお塩でいただきます。

さくっとした衣に、とろとろの水なす。

そして、大葉がとてもいい仕事してる。

大葉巻くのちょっと手間で、めんどくせーいってなったんですが、これは手間かけても巻くべき。

いくつか大葉なしも作ったんですが、断然大葉ありがおいしい。

パン粉の中に刻んだ大葉を入れる方法もありますが、やっぱり巻いたほうがおいしいとおもいます。

生で食べる水なすをあげるなんて、なんて贅沢な食べ方。でも、とてもおいしい。

まとめ

水なすの天ぷらは食べたことあるけど、フライははじめてでした。

こんなにおいしいなんて。

大葉がポイントですね。

大葉がはいるだけで、味がぐっと変わるんです。

水なすだけでもおいしいけど、大葉があるともっともっとおいしい。

まだ店頭に水なすございますので、気になったらさっそく試してみてください。

なんだか最近レシピの更新しかできておりません。

このブログ、どんな記事書いていくか未だ模索中。

こんなこと知りたい!とかがあったら、教えてくださいね。

以上、「水なすをフライにしたら、とろとろで非常においしかった」でした。

こちらもおすすめの食べ方↓

さっぱりおいしい、水なすと大葉みょうがのめんつゆ和え
今更感ばりばりですが、今回は水なすのレシピ紹介。 水なすってけっこうお漬物のイメージが強いみたいで、うちで売っているときも「ぬ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
水なすをフライにしたら、とろとろで非常においしかった
この記事をお届けした
やさい くだもの すきなものの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク